CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
絵とガーデン・アンの庭
イラスト置き場・古いお絵かき掲示板絵で放置中

大きい画像見られます

イラスト置場・水彩画をまとめました
旧ブログ
LINK
MOBILE
qrcode
OTHERS

絵とガーデン・アンの庭

30坪の菜園と荒地ガーデン 暑い日と寒い日と雨の日は絵を描く暮らしレポート ときどきお料理
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    網戸を張替える
    0

       

       

      朝から雨模様だけどそんなに降ってないし、ミョ〜に温いんで、網戸を洗うことにした。

       

      全部外してきて外の水場でごーしごーし、洗ってたら・・・。

       

       

      破れてもーたがな(そら20年以上たちゃあな)

       

       

      しゃーない。張り替えるかあ〜。

       

       

      前に張り替えたときのネットは・・・使うてもーたんやったかな。

       

      専用のローラーを、確か、倉庫のあの辺にしまっておいたはず・・・。

       

       

      ありました。これさえあれば網戸張りもカンタン。

       

      網戸用ネットは買ってきました。90センチ×2メートルで300円くらい。

       

       

       

       

       

       

      まーね。

       

      プロがやるみたいにキレーにはできへんとしても、たるみなくピンっと張ってりゃOK!

       

      パッキンは今までのをそのまま使います。

       

       

      もう一枚は小さいのんね。

       

       

       

       

      二枚張れました。

       

      今回は大きい方でも90センチ×1メートルとお手頃サイズなので簡単だった。

       

      大掃除は着々と進行中だ(アンちゃんが雨降らしたんちゃーうで?朝から雨やったからな)

       

       

       

       

       

      | ものづくり | 15:12 | comments(0) | - |
      木工の次は土木女子!
      0

         

         

        続いて南側の二枚のフェンスをやり直します。

         

         

         

        朽ちたフェンスを撤去し、擁壁際に生えているジキタリスなどをどかし、表土をよけます。

         

         

         

         

         

        新しい柵は前回イッキに作っていました。

         

         

         

         

        擁壁際に仮置きして脚の位置がだいたいここら辺と見当をつけ、穴を掘ります。

         

        40センチくらいの深さ。

         

        雨降ったあととは言え、よっく締まっててカタイ。

         

         

         

         

        途中画像ないけどあっさり完成〜!

         

        前回の柵が7年もったので、今度も7年もつでしょうか?

         

        土建屋の作業が終わったので、次は宿根草の植替えと土づくりです。

         

         

        この日はお昼においしいパンとスムージーの差し入れをいただいたので、夕方までがんばりました。

         

        はー腰痛てええ〜。

         

        夕方には腰痛でロボットみたいな歩き方になるけど、不思議と一晩寝たら治ってんねんよ。

         

         

         

         

         

         

        | ものづくり | 08:25 | comments(3) | - |
        木工女子!
        0

           

           

          今回買ったビス(スリムねじ)は先穴開けんでもエエらしい(箱にそう書いてある)

           

          ビスの先端に切り欠きが入ってるのがミソなんやわ。

           

          ビス打つとき先穴開けとかな板が割れる、と、夫に言われていたので、二度手間やな〜と思いつつ、

           

          先穴開けてビス打ちしてました。

           

          先穴開けんでエエと作業がはかどる〜〜。

           

           

          丸太杭に横桟渡すときは先穴開けてからビス打ちましたが、

           

          野地板を打ち付けるときはどんどんビス打ちしていくだけ。

           

          あっさり3枚のフェンスが出来上がりました。

           

           

           

           

          一枚だけ前の続きを設置しました。

           

          前回、雨のあとで土が湿っていて作業がしやすかったのが、もう乾燥して土が締まっている。

           

          穴掘るのが大変でした。

           

          んで、埋め戻して、掘り上げていた土に堆肥と肥料を混ぜておきました。

           

           

           

           

          この秋は花らしい花咲いてないから土を掘り返すのがストレスなくできる。

           

          キレイとは言い難い荒れ地だけど光線の具合で「お?なかなかイイやん」って瞬間もあるね。

           

           

           

           

           

           

          | ものづくり | 05:51 | comments(4) | - |
          またまたペンキ塗り
          0

             

             

            荒れ地の柵を作り直しています。

             

            脚にする丸太杭を、3枚めは120センチにするつもりが間違えて150センチを買ったので、

             

            しかも切り欠きを入れた後に気付いたので、杉板を買い足さねば続きが出来ません。

             

             

            どーせ買い足すなら効率よくしたい。

             

            ついでやから南側の2枚も作り直すか?

             

             

            協議の結果(←ひとりでね)120センチの丸太杭6本、横桟4本、野地板17枚組(特価)

             

            を、買い足してきました。

             

            野地板はお店で切ってもらいました。

             

            丸太杭には自分で切り欠きを入れました。ノミ遣いもだんだんじょうずになってきた。

             

             

             

             

            当日はお日柄もよく(←?)すっきり秋晴れの陽気の中、順調にステインを塗っていたらば、

             

            あとこんだけ言うとこでペンキが足りない!

             

             

             

             

            くそーーー。

             

             

            買出しに行ったついでに、特売の牛糞堆肥も買っとくかー。

             

            台車に積んでごろごろレジに並んでたら、年配のおばさんがニコニコ寄ってきて、

             

            (外出するとよく見知らぬオバに絡まれる)

             

             

            オバ「牛糞ってよく効きますか?」

             

            アタシ「さああ・・・どうですかね・・・?」

             

            「花がよく咲くとか、野菜が大きく育つとか・・・」

             

            「はあ・・・他と比べたことないんでワカンナイっす」

             

            「私今まで鶏糞使ってたけど、牛糞にしようかしら?」

             

            「あ、鶏糞は安いけどよく効きますよね。牛糞は肥料じゃないですから効きませんよ」

             

            (高いし)←さすがに失礼と思って口には出しませんよ。

             

            「あら。そーなの?土壌改良に?まあああ・・・・」

             

             

            脱力・・・。

             

            知らんがな〜〜鶏糞でも牛糞でもコウモリ糞でも好きにしろ〜〜〜!

             

             

             

             

             

            | ものづくり | 07:18 | comments(4) | - |
            牧場風の柵を目指す
            0

               

               

              とりあえず完成した柵2枚を荒れ地に設置します。

               

              一枚が高さ150センチ幅2メートル。結構重たい。一人で取りまわすにはギリギリだ。

               

              残ってた2枚の柵も撤去しました。

               

              7年前に設置した柵ね、脚が、腐ってんだー(そらそーやな)

               

              それで脚だけ取り換えて修理すればイイか、と思ったんだけど、

               

              ビスを外したら横桟も腐ってて、どうせやり直すなら全部新しくした方がイイな、っつーワケで。

               

               

               

               

              擁壁際を掘って表土をどかしました。

               

              向こう端まで約7メートル(荒れ地の北側半分ね)表土15センチほどは真砂土です。

               

               

               

               

               

              その下の砂利の層、更に下のガラ石の層を掘り下げ、深さ40センチほどの穴を掘りました。

               

              はーー!力技!!

               

              しかし前回ここでテキトーこいて仕上がりが斜めっていたので丁寧にやりますよ。

               

              穴に脚をすっぽり入れてガラ石で固定。

               

              まっすぐ立ってるかどうかちょっと離れて確かめながらやります。

               

               

               

               

               

              まーこんなもんか。

               

              砂利の層を埋め戻し、表土は堆肥を混ぜて埋め戻し、とりあえず4メートル分完成。

               

               

               

               

              エエやんかーー?どうどうっ?

               

              ごらんのとおりの荒れ地で向こう一面の休耕田が季節によるとメドウに見えなくもないんで、

               

              目指すは牧場風です。

               

              住宅街のおしゃれガーデンのようなキレイは求めてない(し、求めたところでできないのだ)

               

               

              150センチの杭ですが40センチほど打ち込んでいるので地上は110センチです。

               

              前のより背が高くなった分風に弱いかもしれない(心配)

               

              続きは、足りない部材を買い足してからどえす(杭の長さ間違えたんで)

               

               

               

               

               

              | ものづくり | 05:47 | comments(6) | - |
              荒れ地の柵を作り直す
              0

                 

                 

                前回の台風で荒れ地と菜園の境界にしていた柵が倒れてしまいました。

                過去ログ見ると7年前、アタシのはじめての木工だったようで・・・。

                7年もったのかあ〜それなら元は取った感じやな。

                 

                次も7年もつとしたら、次回は夫が定年退職しててきちんとしたモノを作ってくれるかも。

                つーことで同様に焼き磨き杭の脚で作り直すことにしました。

                前回ペイントまでやっていた続きです。

                 

                 

                 


                丸太杭に切り欠きを入れたところに横桟を渡し、横桟に野地板を打ち付けます。

                一時間ほどであっさり一枚完成・・・

                となるところ、あとちょっとでビスが足りなくなりました。

                 

                前回はツーバイ材で作ってて板に厚みがあったのが、

                今回、チョー低予算のためぴらっぴらの薄い野地板利用で、ビスもサイズが違ってたんやな。

                ビスを買いに行くんですが、その前に残りの材料をペイントして乾かしておきます。

                 

                 



                が、ここでまたもや失敗ー。

                3枚のうち一枚は高さを変えようと120センチの杭を買ったつもりだったのに、

                 

                同じ150センチを買っていた。

                切り欠きいれる前に気づけよ自分〜〜〜!!!っちゅーわけで停滞中です。

                 

                 

                荒れ荒れで恥ずかしいんですが、この部分に立てる柵です。

                 

                こんなチャチい柵でもないと間が抜けた感じやんね?

                 

                 

                 

                 

                 

                | ものづくり | 06:15 | comments(4) | - |
                ペンキ塗りぬり・・・
                0

                   

                   

                  焼き磨き杭を6本、2メートルの杉板(横桟用)を6本、

                   

                  2メートルの野地板17枚組(特売品)は、お店で切ってもらいました。

                   

                   

                  杭には切り欠きを入れました。

                   

                  野地板はバリだけ取っとこう(トゲ刺さりそうだから)サンダーかけました。

                   

                  サンドペーパー破れた。あとで夫に謝ってつけ直してもらおう。

                   

                   

                  んで、全部にオイルステインを塗ります。

                   

                  前に間違えて買っていた透明のステインに、チョコレート色の油性ペンキを混ぜました。

                   

                  仕上げしてない荒材なんで浸み込むわ〜〜。

                   

                  こんだけ浸み込んだら一度塗りでイイかな?

                   

                  結局、接地面やねんよ、そこだけが腐るんやんな。杭はしっかり塗っとこう。

                   

                   

                  ここまでで約2時間です。

                   

                   

                   

                   

                   

                  | ものづくり | 05:50 | comments(2) | - |
                  荒れ地のフェンス修理
                  0

                     

                     

                    一月の大雪の日、風でフェンスの脚が折れてしまった。

                     

                    あの材木(夫の作業場から盗んだ)は脚には無理だったか。

                     

                    仕方ない、できるだけ少ない予算で修理しよう、丸木の杭を2本買ってきました(1200円くらい)

                     

                     

                     

                     

                    ビスが錆びて抜けないかと思ったけど大丈夫だった。

                     

                    脚だけを外して、横桟の幅にあわせて杭に切り欠きを入れ、ビス留めします。

                     

                    印通りに切ったのに、カチッとはまらなくてやり直したりしつつ、完成〜。

                     

                    腐食防止のためオイルステインを塗りました。

                     

                    (カメラは充電中だったので作業中の写真はありません)

                     

                    立ててから裏表が逆だったことに気が付き、ビス留めやり直しーー!(よくある)

                     

                     

                    木を植えたとき支柱にする杭だと思うけど、基礎工事とか難しいことできないからね。

                     

                    他の部分も板にきのこが生えてきたりして傷んでいるけど、それはまた壊れたときに。

                     

                     

                     

                     

                     

                    クリスマスローズがつぼみを上げています。

                     

                    ここは一日中日が当たらないところなので、咲くのは3月ごろだと思うけど、

                     

                    この寒い時季、つぼみがあるとちょっと嬉しいですね。

                     

                     

                     

                     

                     

                    | ものづくり | 06:07 | comments(2) | - |
                    DIY木工部
                    0



                      「アンター!今度の連休、東側の壁にハシゴかけてくれへんか〜!」

                      と、先週末、夫に言いました。


                      「ええ〜〜、オレ、連休ゆうても2日しかないし、うち1日は車の点検行くのに〜〜」

                      と渋ってましたが、普段、嫁に迷惑かけ放題な自覚はあるらしく(それかヨメがコワイのか)

                      仕事でも、管理職になったら実作業はなく、書類ばかりでツマランこともあって、

                      一昨日の朝帰り(飲み会)後、いそいそと材木を調達しに出かけました。

                      夫は一時、ハウスメーカー勤務で家を建てていたことがあって、工作はトクイなんです。


                      午後、夫が刻んだ材木に、日暮れギリギリでアタシがペンキを塗り、

                      昨日朝から組み立ててくれました。

                      つるばらを誘引するための棚です(材料費はペンキ代含めて約一万円)

                      新たに作ったのは右側2つの窓の周囲、左は数年前に作ってもらったものです。





                      左側は、構造材の鉄骨と壁との隙間に、うまい具合に材木を挟み込んでいるのですが、





                      今回、鉄骨と壁の間が20センチほど空いていて、そこをどうするのかなあ?と思っていたら。





                      おお〜〜!さすがやな〜〜〜!

                      ペンキ塗るとき「この小さい端材は何かな?」と思っていた部材はこうなるんだったのね!

                      壁と鉄骨に突っ張り棒をかまして、それに柱を打ち付けてんの。

                      それは考えつかへんかったな〜〜。


                      柱を建てるときも垂直をきちんと出して、

                      横桟は、窓と、壁のサイディングの線とのバランスを考えて、何度も当ててみてました。


                      やっぱり、プロに頼んで正解やったわ。

                      アタシだったらこんな丁寧な仕事できへんもんな〜。

                      悔しいけど、木工部は夫には勝てへんな〜〜。

                      ちょうど帰省中のお嬢にも褒めてもらって、夫もまんざらでもなかったようだ。


                      あとは、うまいことこの一番上の桟まで、つるばらが伸びたらエエんやけど、

                      鉢植えだし、やっと伸びたら鉄砲虫にやられたりして、思うように伸びへんのよ。


                       
                      | ものづくり | 10:04 | comments(4) | - |
                      かかとの引き返し編み
                      0




                        毎年靴下編んでるなー。


                        と言われましたが、

                        家事のとき、台所でも、お風呂洗いとか洗濯干しとか、

                        足冷たいやんかー。

                        それで毛糸の靴下を愛用してます。


                        ところが、かかとの引き返し編みが難しくてねー、

                        何枚編んでも、かかとんとこに透かし模様みたいな穴が開くんです。

                        自宅用で誰も見ないからイイかーとしてきたのですが、

                        今ヒマだから、検索してみたら、わかりやすい動画が出て、

                        ここ何年も苦心していた引き返し編みが、やっと理解できました。


                        引き返し編みがうまくできたら、つま先のメリヤスはぎを間違えてたり、

                        どちらもうまく行ったときはどこかで目が伸びてたり裏返ってたり、

                        してますが、

                        ともかく一見したところでは穴開いてない靴下が編めるようになったよーん。


                        図面通りにせず、足首の後ろ側はねじり目の一目ゴム編みにして伸縮性をだし、

                        ほかのところはカンタンなメリヤス編みにしてます。






                         
                        | ものづくり | 16:04 | comments(3) | - |